桜の咲く頃。

小さな瞳に見つめられると
これからを大切に大事にしなければならない。と思う。

去年の年末から
自分の中にあったものがとめどなく溢れ出し始めた。
右手が震えだし、心が壊れそうにもなった。
きっと、我慢していたんだな。

大切なことは
僕らしくあること。

怒りに任せての変化はかっこよくない。
ここは食いしばって耐えるところ。
そこまでわがままではないからね。

でも、もう既に変化へのカウントダウンは始まってる。
アンテナ張って、感度を上げておいて、受信するだけ。

桜の咲く頃。
終わりと始まりの刻に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です